指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

注目の「仮想通貨 日本銀行」についてまとめてみました!

健康・美容

注目の「仮想通貨 日本銀行」についてまとめてみました!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

仮想通貨買いましたか?私は買っています!

仮想通貨、本当は暗号通貨ですけどね。日本のメディアが仮想通貨で流通させていますね。


日本では仮想通貨という言い方が完全に流通しているのです。

この2017年4月から仮想通貨年、01、のフェーズです。
もう買っている人、運用している人、全く疑っていて手をつけていない人と
ごちゃごちゃの今です。

こうなった時に、
今、仮想通貨を私は買いましたが、あなたは買いますか?

そもそも、
仮想通貨はどうやったら買えるの?というところが最初の心配ですよね。

そんな中、
ここであなたにお伝えしたいことは、
私が仮想通貨を買った経緯を、あなたの目線でお伝えしようと思っています。

認識として、本来は暗号通貨だったものが、
日本のメディアでは仮想通貨と名称が通っているもの、ということは知っておいてくださいね。

法定通貨という、国、政府、もしくは中央銀行が、これはお金だ、
という性質を備えたものです。

日本銀行や中央銀行が認めていないお金を作ったりしても認められません。

中央集権的な権利が認められたのが、法定通貨です。

暗号通貨は、政府も日銀も介在しないものです。

例えて言えば、人生ゲームのお金、
このお金はゲームをする仲間の中では通貨として価値がありますね。
例えば10名でこのゲームをしていたら、
このメンバーでは取り決めを行っているので、この時点では、
人生ゲームでは、おもちゃのお金もお金として流通します。
こんなイメージが仮想通貨。
これが世の中でグローバルに使用されはじめたのです。
日本円をだそうと、この人生ゲームのお金を使おうと、
お金として皆が承認しているので、使える、それが、仮想通貨、というイメージです。

次の内容で、もっともっと楽しくなるような仮想通貨の現実をお伝えしますね!!

ここでのポイントは、政府も中央銀行も介入していない、個人から個人の取引が決まるということです。よ〜く覚えておいてくださいね!


仮想通貨というもの

いつでも、どこでも、大きな企業や組織が介在せずに、個人と個人がお金を取引するものです。
どの国の政府、どの国の銀行も介在しないものです。
それではなぜ、法定通貨ではない仮想通貨が拡がるのか。それは、必要性があるから拡がるのです。
ずばり、必要だからです。

どういう点で?
何で必要なの?

それは、お金を送る、つまり、送金の手段として必要なのです。

待ってください、銀行で送金すればいいのではないでしょうか?
ちょっと考えてみましょう。
銀行口座を1つは持っているというのが、あなたは、常識になっていますよね?
それは、ほぼ日本人の97%以上が銀行口座を持っています。
しかし、これをしごく当然と思わないでください。
日本というのは非常に恵まれています。
日本の中で振り込む場合、平日の早い時間に手続きすれば、その日のうちに送金が可能ですよね?しかし、これは日本が非常に恵まれているからです。しかも、手数料が少ない。残念ながら、日本のように銀行網が発達している国はありません。

例えば、フィリピンは、国民の30%くらいしか銀行口座をもっていません。
つまり、お金を送るというときに大きな問題があります。
これは海外送金のニーズのときに困る問題です。

では、例えばアメリカ。アメリカではたくさんの人が銀行口座をもっています。
しかひ、広いアメリカ、ニューヨークからロサンゼルスに送金したとして、3〜4日かかるんです。そして、一回の振り込みが手数料に2000〜3000円かかるんです。こういう場合、送金するのはとても大変なことではないでしょうか?

先ほどの話のフィリピン、今では貧困の国ではなく、経済発展目覚ましい状況です。そういう状況でも、銀行口座を持っている人が少ない。
そういう場合、考えてみてください。
個人から個人に送金できれば、とても便利じゃありませんか?
そして、
国民の100%以上がもっているものがあります。
銀行口座がなくても皆もっているのが、
スマホです。そうです、携帯電話、スマートフォンです。
それまでは、送金代行の会社が使われていました。
しかし、代行してくれるだけ、手数料がとても高い。約10%取られます。これ、
とてもしんどいですよね。

しかし、スマホからスマホで送金でき、手数料が少ない場合、非常に便利で人々から好まれるわけです。つまり、必要である、ニーズに応えているのですね。
日本の国内の送金の状態は、決して世界の常識ではないのです。
そうです、
送金手段としての仮想通貨、ものすごく必要とされているのです。

以前の海外ビジネスと様子が変わりました

以前は日本人に仕事を依頼すると人件費が高い、というとき、海外のビジネスを探し、入金し、そして作業のとりかかってもらう。つまり、一週間以上のロスがあったのです。
しかし、今では、一事が万事、送金が仮想通貨で行われると、リアルタイムに送金がすみ、すぐに仕事に着手されるのです。

だからこそ、レバレッジがきいて、どんどんビジネスが加速してきています。

こんなグローバルな環境の変化のなか、先進国でも開発途上国でも、送金が瞬時にできて、手数料がかからないものが待ち望まれていたのです。
その一方で、日本人にはなかなか仮想通貨が受け入れられない事情があります。日本人は国際ビジネスに慣れていないこともあり、送金の不自由をあまり感じていないことも1つの理由です。
また、日本人の精神性が、仮想通貨が拡がるのを阻んでいます。
なにか、よくわからないものを、怪しい、と考えているのです。
これは間違いです。
よくわからないのなら、勉強使用、が正解です。
わからないものは、よくよく勉強する必要があるのです。

しかし、日本人も仮想通貨に似た考え、すでに受け入れているのですよ。
例えば Tポイントカード。これは、ツタヤでなくても使えますよね。

仮想通貨はインターネットのフェーズから可能になりました。
インターネットの最大のメリットは、
情報の瞬間移動です。

瞬間に、インターネットで、知りたい情報を得られるのです。
これがインターネットがおこした革命です。
メールも同じですよね。
これと同じこと、同じことをお金でやろうとしているのが仮想通貨です。


暗号通貨の代表格といえば、Bitcoin、基軸通貨といわれています

Bitcoin、基軸通貨といわれています。
理由は、Bitcoinが最初に出来て、認められているからですよね。
そう発行量は2,100万Bitcoinです。
取り入れている会社は、楽天やGoogle,Microsoftなど数え上げればきりがないほど、さまざまな企業が取り組んでいます。暗号通貨の必要性をかんじて、親方日の丸の会社、NTTでさえ、参入しているのです。

さて、Bitcoinの誕生は、2008年にインターネット上に発表されたBitcoinの論文からで、ナカモトサトシと名乗る人物による投稿でした。そのprototypeがインターネット上にのり、世界中のプログラマーやハッカーたちが、そのプログラムをかえていきました。現在、もともとのナカモトサトシが発表したものと90%様相がかわりました。つまり、さまざまなプログラマーたちの集大成となったBitcoinは、芸術的な仕上がりになりました。

その後決済手段として2011年に使用されはじめたのですが、その立役者はシルクロードという闇の違法サイトでした。つまり、瞬間的にスマホで資金移動でき、政府組織も通らないということで、使用されはじめたのです。そして、摘発されました。それはアメリカにてニュースで流れました。それも、三大ネットワークで。それを、アメリカの人は、なんて便利なものなんだ!とBitcoinを理解したのです。これ、日本人なら、あーやっぱり、危ない。で終わりますよね。
しかし、アメリカでは、Bitcoinが値上がりしたのです!それも、凄まじい上がりかたでした。
そして、当然ですが、認知度が上昇に、さまざまなビジネスが始まったのです。
そして、ユーロ圏のキプロス共和国でキプロスショックがあり、Bitcoinの購入者が一気にふえ、価値が一気に、また、上昇しました。
つまり、政府が倒壊、危ない、という国のあやふやさを、Bitcoin、つまり、政府が介在していないお金を持っておけば大丈夫だということで、保有者が一気に増えたのです。

その8ヶ月後には、中国の富裕層がBitcoinの存在を知り、一気に買われ、その価値が爆上がりしました。そして、一気に値段が下がりました。それは、中国の金融機関が、ビジネスとしてBitcoinを使うことを禁止したのです。つまり、抜け道はだめだよ、と中国が規制しました。そして、爆買いが、爆売りになり、値段が下がりました。しかし、個人間の取引が続いていたため、ある程度の値下がりでとどまり、安定しました。
2015年にはEUの最高裁でお金であるということが認められ、現在日本でもそのような流れになってきているのです。そしてその流れにあり、日本を代表するメガバンクの三菱東京UFJ銀行は、独自の暗号通貨を発行すると発表しています。銀行そのものが暗号通貨で銀行の存在を脅かされる時代になったので、日本銀行もフィンテックへの参入を発表しています。
そもそも、暗号通貨というのは埋蔵量が決まっており、ということは、その通貨総量が変わらない以上その価値が上がるということです。
暗号通貨はお金の瞬間移動を実現し、この定着していく流れをもはや誰にも止めることはできません。

https://noahcoin.co/lp?parameter=46d2df66c526e089415bd4492e3be463

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

カテゴリー

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin